療育手帳の返還
2016.01.21
3学期が始まりましたね。
少しずついつもの毎日が戻ってきました。
ハードにスピードアップはもう少し時間が必要かと感じるやまもとです。
今年一年の流れを今日は考えてみました(o^^o)
うまく進んでいくと良いなぁー
予想以上にすごくハードな一年になりそうです。
そんな中、お母さんから電話が。
あまりに発達検査の結果が良くて嬉しさのあまり、検査機関の建物を出てすぐ連絡くださいました。
「先生、さっきは興奮して思わず電話してしまい、喜びを共有してくださってありがとうございました!

3才6ヶ月時点、新版k式
認知、適応 2才0ヶ月
言語、社会 2才4ヶ月
発達年齢  2才3ヶ月
DQ64

ちょうど二年後
5才6ヶ月時点、新版k式
認知適応 5才3ヶ月DQ95
言語社会 5才5ヶ月DQ98
5才4ヶ月 DQ97

検査官の方は「目立って指摘するところはない。普通の子供と同じくらい。普通級でがんばれる力あります。こんなに伸びるのはまれ」とのことでした。
なんだか…夢を見ている感じです。こんなことってあるんですかね(涙)
やまもと先生を信じてお願いしてきて本当に本当に!よかったです!
知的障害あると、病院で言われた子ですよ?!
また、今度のプログラムの時に詳細はご報告します

先生、私たち親子を救ってくださって、ありがとうございます。
なんと感謝したらよいのやら。。。。

二年前の同じ一月、我が子が知的障害と診断される数値を叩きだし、呆然としながら帰った同じ道を、
二年後の今日、こんなに明るく嬉しい気持ちで帰れることになるとは、思っても見ませんでした!」
本当に、嬉しい。

LOFのやまもと式S&E療育プログラムが、こんなに客観的に見ても成果が出ていることに。
本当に一人でも多くの人に知ってもらって、やまもと式を取り入れてほしい。と思います。

今ほとんどの所で行っている療育プログラムは根本的な脳機能や中枢神経系に働きかけるものではないです。

声かけのことばを変えるとか、限界を勝手に決めて取り組ませるとか、そんなことは療育ではなくて
障害がなくてもしないといけない思いやりの部分でしょう?

教育者は子どもたちや相手にわかるようにアプローチするのは当たり前でしょう?

ぜひ、子どもたちに可能性を開花させるために努力を惜しまないでください。

毎日お母さん方からの嬉しい報告が入ってきます。

近くのLOF教育センターにお尋ねください。
2016.01.21 15:48 | 固定リンク | 保護者の声

- CafeNote -