なぜ泣くのか?
2016.07.25
今日は、山口からわざわざ新幹線に乗って一家総出で体験、相談に来てくださいました。

みんな個性がそれそれ光っていて素晴らしかった。
なぜこの子たちが学校生活に困り感を感じなければならないのか
良くわからなかった。
もちろん、不器用さや苦手なことはあるのだろうけれど、
そのことで必要以上に傷つくことは避けられないことなのだろうか?

私は子どもたちからも話を聞くことが多い。
週末から行く沖縄合宿でも子どもたちそれぞれと話をする機会を設けている。
彼らが本当に感じていること、考えていることを聞きたいと思うから。
何が良いとか悪いとかではなく今の気持ちを聞く。

で、勇気を出せずに言えないこと
出来ないことがあるなら背中を押してあげたいとも思う。

小さい子が泣くのは
それ以外の表現方法を知らないからだと思っている。
その内大きくなるにつれ、泣かなくても自分が思うことを言葉にすることができるようになる。
言語化できるものは言語化すると気が楽になる。

けれど、面白いもので、大人になっても泣く事がある。

大人になって泣く時は
誰かにわかってほしいというよりは
自分自身に自分のことを分かってほしいからだと思う。
気持ちに蓋をしてしまっていることに
その蓋を取ってしまったら、そこから言葉で表現したいものじゃなく涙で表現したいものがあふれ出て
涙で表現してしまう。

それは、決して言語化できるものじゃない
不思議なもの。
それは、ただただ黙ってみていてほしいもの。
そっとしてほしいもの。
そんな気がした今日でした。

最後はやっぱり子どもって良いな~(^◇^)です。(笑)
2016.07.25 18:53 | 固定リンク | つぶやき

- CafeNote -