やまもと式支援プログラムの体験の後
2016.07.30
先日4人のお子さんとご夫婦で
体験にお越しいただきました。

ご報告いただいましたので、シェアーさせていただきます。



やまもと式療育プログラムを受けて その後
〜三女編〜

そう言えば
保育園でのおしっこの失敗が今週はありません。

「神経ネットワークつながるんですよ。特に排泄機能が繋がりやすいみたいです。」

先生、それ本当ですか?
驚きです。


そう言えば…
サポートに伺うお客さんに脳機能について勉強された方がいらっしゃいます。
その方が
「意識して排泄することから、人間らしい自立が始まるの。だから、トイレトレーニングはとても大事よ」
と言われました。

成長はいずれします。
発達もそうでしょう。
時期がくれば、出来ることはそれなりに増えるかも知れません。


今、わが家で起こっている子ども達の日々の変化は、成長過程の一つです。
プログラムを受けていなくても、近い将来に通る通過点だったかも知れません。
また、これまでの私は
「子ども達の出来るようになった」は、
私の煩わしさが消えた、楽になった
と、感じるだけでした。


しかし、子どもの変化を成長として意識することで親としての喜びを感じています。

同じやるなら、より発達を促す関わり方で子どもと接したい そう思うようになりました。

成長も、発達も脳機能のバランスが整うことで促されると聞きました。

正に、やまもと式療育プログラムで
子ども達の発達だけでなく、親も感化されていると感じています。


今朝は三女が
「うん○がでます」と言いながら私の服の端を持ちいきみ始めました。
トイレには間に合いませんでしたが、
「でそう、だしてる」感覚を感じたからこそのお知らせです。

急に人間らしくなりました。

にわかに信じ難いのですが、三女がプログラムを受けている時のこと。

無意識の歩行は右左と交互に足を出しますが、
プログラムの中で、足を出す際にちょっと考える歩き方がありました。

三女は、右左も分かりません。
だから、三女への指示は
「そう、そっち」
「ちがうよ」
のみです。

練習を何度か繰り返したのち、
三女は残り3歩を指示なく、間違えず足を出したのです。

トリハダが立ちました。

私も一回だけですが、プログラムを体験しました。

意識して身体を動かすことは、とても頭を使います。
日頃の動作がいかに無意識であるのかを感じました。

たった一回でも頭の血流が良くなり、脳がパンパンに、なるのを感じました。
そして、ひどく疲れた。

テレビで武井壮さんが、司会の方に
「今、お話しを聞きながら、左手小指の第二関節をトレーニングしています」
と、言われていたのを思い出します。


成長、発達する上で
意識することって、とても重要ですね。


2016.07.30 11:32 | 固定リンク | 療育沖縄合宿

- CafeNote -