障害児、傾向児の教育プログラムの見直し
2016.09.26
こんばんは。
今日は、日中暑かった大阪です。

PCと書類に向かう一日でした。
それでも、こんな何も特にない日でも
一喜一憂しております。

ハプニングやアクシデント
反省と喜び
いろんな思考と感情が入り混じる毎日です。(笑)

やまもと
NPO法人発達障害児支援LOF教育センターで行っている
10代の子どもたちへのグループワーク「ソーシャル ラーニングセンター」での
教育プログラムを見直そうと今考えています。

LOF教育センターには 発達障害児も居れば
その傾向にある子ども
あるいは、そういう傾向もあまりよく表出していない子ども
といろんな子どもたちが通ってきています。

ある程度、発達してきた子どもたちを
よりもっと高度な知能へと伸ばす援助をするためには
どのような教育プログラムにて引き上げることができるのか?と
珍しくまじめに?(笑)すき間時間を使って考えています。

子どもたちが楽しく思考スキルを上げることができる教育プログラム。
これはおそらく年齢と言うよりは
発達に合わせた教育のプログラムとなるだろうと思います。

と、その前に「滝修行」行ってくるけどね(^_-)-☆



<お知らせ>
ついに やまもと の初版本が10月発売されることになりました。

先日ラフ原稿の修正をしてただいま修正中
読みやすいかわいいイラスト入りの本です
お母さん方の味方になれるおうちでの関わり方を書いています。
「おうち療育(仮称)」
楽しみにしていてください。m(__)m

トラックバックURL
トラックバック一覧
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeNote -