不登校は不適応行動ではなく自然な行動
2019.02.23
今現在の不登校児と
ずっと以前の不登校児

明らかに変わって来ています。
数もそうですし
年齢も・・・。

ずっと以前は小学生の不登校は考えられませんでした。
たとえ発達障害であってもです。
不登校は二次障害という認識が強かった。
私たちNPO法人発達障害児支援LOF教育センターも
発達障害の子どもたちを「不登校」にしない。
「不登校」を未然に防ぐために頑張ってきました。

でも、今は
「不登校」は子どもたちの自分を守るための自然な行動であると
認識しています。
特に「児童期」に居る子の場合。

ここで注意してほしいのは
「不登校」は病気でも、不適応行動でもない場合が多いのに比べ
「不登校」になっている子どもを
「病気」や「依存症」にしてしまっていることが本当に多いことをご存知でしょうか?

「ゲーム」「テレビ」「動画」「スマホ」などに<依存してしまっている>

これは、二次障害 病気です。

「不登校」を選択した我が子を
「病気」「依存症」「睡眠障害」などの二次障害にしないために
どのように家庭環境を整え、次の人生のステップへスムーズにスタートをきるには
どうしたらいいのでしょうか?

それは、子どもの「いま」を見るのではなく
子どもの「未来」を描いて子育てや教育を行っていくと言うことです。

積極的に「不登校」を選択する
可能性を大いに秘めた子どもたちをどう育てる?
のヒントを下記日程でお話します。

「小学生の不登校児をお持ちの保護者様対象 
多様な教育環境を可能にするには」
―家庭で児童期の子どもの教育環境を整えるには?-

3月30日(土)10:30~12:00 

参加費:1,000円
    

申し込みはこちら>>

2019.02.23 14:46 | 固定リンク | 発達障害児

- CafeNote -