なぜ泣くのか?
2016.07.25
今日は、山口からわざわざ新幹線に乗って一家総出で体験、相談に来てくださいました。

みんな個性がそれそれ光っていて素晴らしかった。
なぜこの子たちが学校生活に困り感を感じなければならないのか
良くわからなかった。
もちろん、不器用さや苦手なことはあるのだろうけれど、
そのことで必要以上に傷つくことは避けられないことなのだろうか?

私は子どもたちからも話を聞くことが多い。
週末から行く沖縄合宿でも子どもたちそれぞれと話をする機会を設けている。
彼らが本当に感じていること、考えていることを聞きたいと思うから。
何が良いとか悪いとかではなく今の気持ちを聞く。

で、勇気を出せずに言えないこと
出来ないことがあるなら背中を押してあげたいとも思う。

小さい子が泣くのは
それ以外の表現方法を知らないからだと思っている。
その内大きくなるにつれ、泣かなくても自分が思うことを言葉にすることができるようになる。
言語化できるものは言語化すると気が楽になる。

けれど、面白いもので、大人になっても泣く事がある。

大人になって泣く時は
誰かにわかってほしいというよりは
自分自身に自分のことを分かってほしいからだと思う。
気持ちに蓋をしてしまっていることに
その蓋を取ってしまったら、そこから言葉で表現したいものじゃなく涙で表現したいものがあふれ出て
涙で表現してしまう。

それは、決して言語化できるものじゃない
不思議なもの。
それは、ただただ黙ってみていてほしいもの。
そっとしてほしいもの。
そんな気がした今日でした。

最後はやっぱり子どもって良いな~(^◇^)です。(笑)
2016.07.25 18:53 | 固定リンク | つぶやき
時間は止められないし、過去は変えられないけどそこから学ぶことはある。
2016.07.03
こんにちは。
夏になってきました。

けれど、子どもたちは元気で
療育に通ってきて私たちに元気と希望を与えてくれます。

先日、「アリスインワンダーランド2」の映画を見てきました。

3Dの字幕で見てきたので
映像美は素晴らしく、それぞれのセリフが自然に耳に入ってきました。

哲学的なセリフや
心を動かされるセリフ
思わず涙ぐむようなセリフが満載でした。
原作とは全く異なる別の映画として出来上がっています。

大人の人が見る映画だと思いました。


中でも
「時間は止めることができない。」「過去を変えることはできない。」ことは
いまさらながらですが、
なんだかしっかり受け入れることができた気がした。

「あの時に戻って、その出来事を起こらないようにすれば・・・。」
「やり直すならあの頃に戻ってやり直したい。」と思う人も多いかもしれません。
(私は、何一つ思わないけれど(笑))

同じようにアリスも思って過去に戻るのだけれど・・・

障害があるかもしれない、あるいは障害がある児であるということが分かって
しばらくしてそのことを受容できたなら
こんなことを考えてみたりします。

何が障害の原因だったんだろうか?
あの出来事がなかったら、障害なく生まれてきたのではないだろうか?

母親は特に自責の念に駆られる。

けれど、今回の映画をきっかけに
「これで良かったのだ。」と深く思えるのではないかと思う。

私はめったにプライベートの話をしない。
(取るに足りないどっかに行って何かを食べたということは言うけれど)
なので、私がシングルマザーであり、二人の子どもを育て上げたことや
子どもが発達障害の傾向児であった(昔なので診断はもらっていないが)
ことは今までにほとんど話したことはない。
少人数の内輪の話では語ることはあったけれど。

先日の山口の講演会では
私のことや子どものことなど
初めて大人数の前で話した。

それは、私と子どもお互いが私が思う自立し、
幸せに生きていることを実感できる日々になったからである。

そして
いつも話すが、「障害があるとかないとか」ではなく
「幸せに人間としての生き方を全うするかどうか」

でも、その言葉でさえ、「障害」と言う言葉を身近に感じない人が
いくら言っても誰の心にも響かない。

「障害児や障害者」を本当の意味で自分たちと何ら変わりないのだということを感じていない人が
いくら言っても重みはない。

自分が言っていてなんだが、
「障害者は」とか「障害児が」とか表現するのは大嫌いである。
そんなこと関係がない社会になってほしい。
そうしなければ「ダイバーシティ」も「インクルーシブ教育」も実現しない。


私は私の家族とともに幸せに生きることができて良かったと思う。
過去に戻りたいとは思わない。何かをやり直したいとは思わない。

そして、きっと皆さんもそうだろうと思うし、
そうあってほしいと思う。



2016.07.03 19:28 | 固定リンク | つぶやき
お楽しみは後からやってくるんです。
2015.10.30
子育ての結果は
後からわかるんです。

それは、社会人になった時かもしれないし、
社会人になっていろんな経験をしてからでないとわからないのかもしれない。

だけど、
なんだか無我夢中。
自分のことはさておいて
子どもたちのために一生懸命
生きていくのに必要なこと教えていくと
時期が熟せば、わかってくるのだと実感する。
時期が熟すのを待つのは大変だけど
ただ、信じて待つだけ。

木々がしっかり深く根付いていれば
木々にしっかり必要なものを与えて育てていたなら
いづれはたくましく
花を咲かせ
実を付けるのと同じように
子どもがしっかり根を張り
大きく育ち
独り立ちするのだと。

そんな風になっていくかは
しばらくしてからでないとわからない。
けれど、子どもとしっかり向き合っていたら
必ず訪れるのだと感じた。

あなたは
木がしっかり深く根付くためにすることは何?
大きく育つのに与える必要なことは何?

それが大切です。
2015.10.30 20:54 | 固定リンク | つぶやき
子どもが親を想う気持ち
2015.10.16

いつもはお母さんの気持ちに寄り添うサポートを重点的に行っている気がします。

子どもたちは自分の思うことをまだまだきちんと表現することが難しいので子どもたちの
場合は行動や言動の様子を見て、考えながら行います。

お母さんの子どもたちへの思いや大変さを理解しながらサポートをしているのですが、

今日は子どもたちが親を思う気持ちを少し書いてみようと思います。

私事ですが、こどもたちはもう大きくなって成人し、息子は独立して、大阪を離れたところに住んでいます。

やっぱり、周りに知った人がいないというのはさみしいものです。

気楽でいいと言えば良いのですが、やはり心配事などがあると心細いものです。
ふと思うわけです。

今住んでいる近くに住んでいるずいぶん長く会っていない父親のこと。
何を思ったのか、連絡を取ってしまったようです。

私は、離婚して子どもたちを育てました。
離婚するということはそれだけのことがあったからです。
簡単にそんなことは決めません。
離婚した後も一切連絡を取り合いませんでした。
相手からもありません。
時々子どもたちに連絡は入っていたようですが、子どもたちも特に相手をしなかったようです。
以後、父親に値するようなことは何もありませんでした。

なのに、息子は連絡を取ってしまったわけです。(笑)

案の定、辛い仕打ちを受けるわけです。

アホやな~。連絡なんかして・・・。と
思ったけれど、それと同時に
可愛そうなことをしたな~と思いました。

子どもってやっぱりそうなんやな~って。

父親らしいことほとんどしてもらってないのに
やっぱり慕うというか
想うというか

いつもは親側からの子どもへの思いをよく書くけれど
子どもたちの親を慕う気持ちというものも大切にしてあげないといけないなと思いました。

子どもの期待を裏切らない親になってあげないといけないな・
親のエゴだけで子どもを扱ってはいけないとしらされました。
たとえ大人になっていても。

子どもが親の期待に沿いたいと願うように
親だからとあぐらをかかず、子どもの期待に沿える親になりたいなと。

そんな風に思いました。

2015.10.16 11:43 | 固定リンク | つぶやき
最近のお母さんからの報告
2015.08.30
こんにちは。
今日も朝から昨日に引き続き
チャイルド・ライフ・サポーター資格認定講座プロコースの講座でした。


最後の方にはみんなヘロヘロになっていました笑。


さて、SNSが進歩、広がったことで
保護者とつながりがより身近で、簡単になってきました。


そして、その報告は
ほとんどが嬉しいニュース。


子どもの発達や成長が顕著にみることができると
お母さんが喜んで連絡をくださる。


ありがたいです。


「本当に〇〇はS&E療育プログラムが合っているようです。
プログラム後すぐにすごく変化するんです。」




「今日は、〇〇の同級生から本当にうれしいことを言ってもらいました。」とか・・・


そんな報告が少しでも多くなるようにチャイルド・ライフ・サポーターは一生懸命努力しています。
なので、保護者の方もどうぞよろしくお願いしますね。

- CafeNote -