うちの子ちょっと他の子と違うって思う親の子育てはどうすれば救われるのか
2019.04.19
怒涛の子育て期
無事に元気に生まれた喜びはしばらくすると
永遠に続くんじゃないかと思う夜泣きに悩まされ
睡眠不足から精神状態はいつもギリギリ。
なにかアクシデントが起きると母子ともに一気に爆発してしまう。

 ようやく母子分離ができる3歳になると
保育所や幼稚園が子どもを預かってくれるので
少し体を休めることができるのだけれど
程なく集団にいるわが子を見ると
「ち・が・う。他の子と明らかに・・・」
または3歳児検診時に指摘を受ける
「ちょっと発達に不安があるので相談機関に相談してみたらどうでしょうか?」と
予想していなかった言葉をかけられる。

あるいは、母親の方から「うちの子お家での癇癪たいへんなんです。何かあるのではないでしょうか?」
と相談しても「この年齢の子はそうやからもう少し様子を見ましょう。」とか言って深刻にとらえてくれない。もう、私はヘロヘロなのに・・・。

 心と身体に余裕がないといろんなことがいちいち気に障る。
心も身体も思考も固くなる。

 私が子どものことで「あ~。この子は少し他の子と違ってる。」って気づいてから
私の「発達障害」などの支援キャリアは始まっている。

その頃はまだ「発達障害支援法」もなかったし、「発達障害」という言葉も聞こえてこなかった。
その前段階の社会問題になりつつある「ADHD」や「LD」についての言葉が独立して使われていた。
老舗のNPO法人などが少ない情報を研修会などで発信していたり、今は重鎮と化している大学の先生方が講習会などで話をしていた。私も専門家たちに交じって何度となく話を聞きに行ったものです。参加費はわずか1回「500円」だった気がする。そんな風に私の発達障害の独学人生がスタートしました。私はすでに子どもの学校の担任教師よりそのことについては詳しく知っていたし。

 そう、わが子が「ちと他の子と違うところを持っている」ことが原因で起こる様々なことは
「私自身が学ぶ」ことで「問題」から「個性」に変えることができた。

毎夜学校の先生のように宿題を厳しく指導しながら長時間させることや
泣きながら完璧を目指して課題をさせることを止めたきっかけは私が「学んだ」からにほかならない。

 その結果私は「子どもの味方」になったのだ。
誰が何をどう言おうと私だけは「子どもの味方であり、代弁者になろう。」と思ったのだ。
今の社会ならもっと楽に考えることができたかもしれないと思う。

学校の評価に合わせて子どもを教育?しようとすることは最初から違和感があったから
学校の評価は全く気にしなかったし、宿題もできる範囲でやっていけばよいと思っていたので、
間違っていてもきにしないでもっていかせていた。
そもそもその子の学びのつまづきがわからなかったら学校で先生は指導できないでしょう?って思うので。
小学校って基礎学力定着させるところでしょ?

こんな風に私の子育ての壮絶な時期はわずか小学校低学年で終わるのです。(笑)

その後しばらくは子どもの「個性」を楽しみ、周りの人に受容と協力を仰ぎ、
そのために親がすべきことをしっかりと地域のコミュニティーの中でやっていた気がします。

 つまり、子育てだけに限らないけれど、
仕事において発達に課題のある子と関わっていて
「どうしてこの子はこんな行動にでるんだろうか?」とか
「どうして指示が通らないのだろうか」
「どんなふうに保護者の人に伝えたらよいのだろうか?」って悩むときにすることは「学ぶ」ことです。
「答えを乞う」ことではありません。
あなたの「答え」はあなたの中にしかないから。

「学び」を探求していくことが「苦しみ」を開放してくれる余裕のある心と体をもたらしてくれます。
以前と同じようなことを子どもがしても冷静に行動を観察し、
理由を見つけることができます。
子どもの発達したところや子どもの些細な成長を見つけることができます。
「褒める」ところを見つけようと努力しなくても自然に見つけることができるのです。
マニュアルに縛られた方法ではなく、親が自然にする声掛けが子どもを勇気づけ、元気づけるのです。

 と言うことで
令和版「ペアレンツ・ラーニングクラス」開設することにしました。
「子ども」と「発達障害」について理解する学びとしてご利用ください。
遠方の方はSkype参加も可能です。
今回は お子様の行動を具体的に例に取り、考え方を学ぶことと「発達障害」に関連することを1年かけて継続的に学びます。
クラス概要です。

1.子どもの特性を知る。<発達障害の基本>

2.子どもの発達段階を知る。<心理的疑似体験>

3.子どもの課題を知る。<子どもの発達課題>

4.長期休みを子どもの発達援助に活かす。<特別支援教育>

5.子どもの視覚機能について知る。<ビジョントレーニング>

6.学校行事は子どもにどんな影響を与えるか?
        <学校の評価と生きていく力>

7.学校との連携。<合理的配慮とコミュニケーションスキル>

8.子どもの脳の発達<随意運動の基本>

9.子どもの苦手を知る<ワーキングメモリーを鍛える>

10.一年の子どもの発達、成長を評価する。             
            <親としての成長を評価する>
※順不同 1回2時間程度 平日10回開講予定。5月開講
受講料 全10回 50,000円(消費税別途)
        週末参加希望者はその旨お知らせください。
     受講者は ボランティアサポーターとして他者のサポーターとして社会貢献が可能になります。また、よりステップアップの資格講座に進み、資格取得も可能です。もちろん、2年目もペアレンツラーニングクラスで子育てについて学びを深めていくことも可能です。
子育てが苦痛ではなく楽しみに変わる学びをしていきましょう♬

申し込みはこちら>>


#子育て
#生き方
#幸せ
#学び
#辛い
#楽しみ
#保護者
#発達障害児
思いつめてはいけません。
2019.04.14
子どものア発達や子育てについていきづまったら・・・。

こちらにヒントを書きました。

家族の理解は必要だね。助け合う人は多い方が良い。
2019.02.16
ご相談をお受けした時に良く耳にする
「夫が理解してくれません。」とか
「義理の母が分かってくれません。」とか

発達障害の子どもの子育てに関して意見が食い違い
離婚に至ったケースも少なくありません。

でも、ほんとは離婚は避けられたのではないか?と思うのです。

誰かが間に入ってくれたり、
発達障害について理解してくれることをあきらめなかったり
自分のやり方に必要以上こだわったり

そんなことが避けられていたなら・・・。

私たちはつらい人生を歩むためにいきているのではなく
子どもを授かったのではなく。

幸せな日々を過ごすために生きているのです。

私も一人で育てるのは大変だったけど、
子どもがいてくれていて救われたことはたくさんあった。

でも、私みたいに一人でも大丈夫な人は稀なんです。(笑)

助け合う人の数は多い方が良い。
だから家族の人数も多い方が良い。


手助けできることが私たちにもあると思うなら
どうぞ、ご相談下さい。

大抵のことはできるんじゃないかって思っています。

ご相談はこちら>>
発達障害児をお持ちの保護者の方へおススメ2つ
2018.09.10
こんにちは!
皆様毎日いかがお過ごしでしょうか?
辛い事、大変な事が生きていると起こりますが、
どうぞ平常心を保って、子どもたち、ご自身、家族の為に
今日も元気に楽しく進んで行きましょう💕

さて、本当に久しぶりですけれど、
ガッツリ保護者の方へのおススメなので
楽天ブログに投稿します。

無駄な時間を奪わないため
簡単に明確に記載しますね!

一つは落ち込んだり、お子さんの将来に不安がよぎった時に観て
ほっこりしてもらえるTVドラマです。
シーズン1の時にもおススメさせていただいたのですが、
そのシーズン2がアップされました!
私は一気に観てしまいました。

邦題「ユニーク ライフ」
現代「ATYPICAL」

主人公のみにスポットライトを当てているのではなく
彼のまわりにいる様々な人もきちんと描かれていて
よくある「障害者」ものではなくなっています。
通常のドラマとして鑑賞できます。
自閉症のことをご存知の方は主人公サムの行動、言動が自然に映りますし、
家族や友人。はたまた学校環境などいろんな面において私たちを感化します。
そして、ほっこり、あったかい気持ちになります。
有料サイトですが、是非数カ月でも入会なさって鑑賞ください!

そして、もう一つのおすすめは
Ipadのアプリ。
大教大が開発した​「つくるんです。」
「よめるんです。」

このアプリは先生方が学校での学習支援ツールとして開発してくださいました。
学校で先生方が教材作成として利用するのですが、
これは保護者の方が家庭学習に活かしていただくととても良い学習支援アプリです!
特に学習障害があるお子様、自閉症で会話はうまくできないけれど、
書字で自己表現ができるお子様などには非常に有効だと思います。

また、お子様にスマホやタブレットを持たせるときには
やはり、iPhone、iPadがおすすめです。
子どもたちのできることがとても広がります。
有効な使い方を是非教えてあげてください。
生活や学習で非常に助けになると思います。

急いで投稿したので、
いつも以上の誤字脱字お許しください!

今から、出かけます(*'▽')

#発達障害児 #支援 #学習障害 ♯自閉症 #LD #アプリ #ドラマ #LOF教育センター
#保護者 #学び #チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域員)
お母さんが必ず知っておく必要がある事のひとつ
2016.10.04
こんばんは。


子どもが不適応行動を起こし始めたら、
本当の原因を深く深く掘り下げて見つけなければなりません。

多くの場合
不適応行動を起こすのが学校であったりします。
そして、何の手立てもなされないでいると
学校に行けなくなってしまいます。

それは、学校での外的環境要因が大きく影響をしているのに、

何のきちんとして継続的な、建設的な対応がなされない。



子どもがパニックになるのは当たり前だし、

そうやってSOSをもとめないと飛んでもないことになる。



子どもは学校の教育プログラムの評価を

身をもって行っているだけの代弁者です。



それに蓋をしたり、目をつむったりしてはいけません。





是非、他の同じような問題に悩んでいる保護者の方々と

学校環境を変えていきましょう。



学校の先生方もきっとどうすれば良いかがわからなくて

そんな対応になってしまっていることもあるかもしれません。



大事な義務教育のうちに

地域が一緒になって

全ての子どものニーズに合う教育が受けられる環境を整えていきましょう。



そうでなければ、

今後ノーベル賞を受賞できるくらいの素晴らしい人材は

日本では育たなくなるでしょう。



是非。よろしくお願いします。







※いよいよ今月 やまもとの初書籍が出版されます。

家庭内療育について書いております。

お楽しみに(^_-)-☆

- CafeNote -