このブログに書くのは久しぶり。みんな見つけて読んでくれるかな?(笑)で「発達障害」って公表するのはそんなに簡単にしない方が良い
2017.07.27


LOF教育センターではあまり大きな声で言っていませんが、
結構前から若者支援行っています。

特に今まで多かったのは
中高一貫の進学校に通っていた子や
公立の中学校に通っていてその後高校に進んだ子

大抵は高校進学して卒業していくか
大学進学して卒業していく。

中にはレアケースとして
支援学校の高等部に進み、その後障害者枠で就職した後も
しばらく通ってくれた子も居ました。

それぞれの可能性を見極めながら
支え、一番可能性が拓くであろう道をご提案していただき、
すすんでいただいていた。
もちろん、子どもや保護者が納得してくださってだけれど。

そんな人生の広がりを見ていると
「発達障害」って身近な人には公表しても良いけれど、
大多数の人には知ってもらわなくても良いのではないかと思うんです。

言いたいことをもう少し簡単に言うと
自分自身と関わっていただく必要がある場合は
「発達障害である。」とか「そういう傾向があるとかは
周りに伝えても良いのだけれど、それ以外の不特定多数の人
例えばSNSやマスコミやマスメディアなんかに必要でもないのに公表してしまわなくても
良いのではないか?と私個人は思うのです。

それは、不必要な誤解を生みますし、
自分の人生の可能性を閉ざしてしまうことになりかねないからです。

「障害」があることで、許してもらえることもあるかもしれないけれど
「障害」があることで、関わることができる世界が限られてしまうということ。

できたら、「障害」と言うことや「障害のような傾向」があることを
上手に使えたら良いな~と思います。
しんどい時期はそのことで助けてもらい
自分に自信が着いたり、自分が行きやすい世界が分かって
そこで生きていくことができるようになったなら
もう「障害」から卒業できるのかもしれないな~って思うんです。



そんな微妙な世界にいる若者を支え
成長のお手伝いをしたいと思うのです。


説明会、相談会は 8月11日です。
早めにお申込みください。
どうぞ~このまま~♬どうぞ~このまま~♬
2016.07.06
大阪は酷暑です。すでに・・・。
まだ夏休みに入ってもいないし、
7月に入って間がないのに。

うってかわって
東京は涼しく
北海道は寒すぎるらしい・・・。

どうなったんだい?地球さん。


さて、子どもたちが指折り数える夏休みが近づきつつあります。

私の指導する学校の夏休みもあと数週間後。

本日も指導に行ってまいりました。
二十歳前後の若者。


今日はなんだかみんな良いやん!

欠席者が居るのは当たり前なのですが、
今日は授業始まる直前に駆け込んできた生徒が2人。
これでいつも出席する生徒がそろった。(^_-)-☆

学習、ワークシートに関しても
めっちゃ積極的(^O^)

考えてわからなければ
「実物作れば良いやん」と紙で図を作成し始めた。

別の生徒はいつもより素敵な文を作り、
他の生徒はどんどん課題をこなし、
私が「やりたいとこ、好きな教科のところしるししたら印刷してあげるよ。」って言ったら
「じゃあ、ココとココと・・・」って

なんという向学心。

みんな良い感じで脳機能アップしてきました。

けれど、後1回で夏休みに入る   Σ(゚д゚lll)ガーン

どうぞ~このまま~♬どうぞ~このまま~♬と歌いたくなる私でした。(笑)



若者でもやっぱり「発達」するよ。
「発達」するというのは慣れてできるようになるのではなく
状況に応じてしっかり向き合い、対処できるようになることね。(^_-)-☆

今日もうれしい一日でしたm(__)m
やまもと式若者支援プログラム@東京
2016.05.11
LOF教育センターでは、LOF放課後クラブとして若者のための『やまもと式支援プログラム』を
月1回パイロット的に実施してまいりました。
そして、その結果をもとにこのたび本格的にプログラムとして東京開講を致します。

「やまもと式支援プログラム」は発達障害の子どもや若者へのプログラムとしてだけではなく発達の偏りがあり、
生きづらさを持つ子どもや若者にも大変効果があると言われています。

なぜなら中枢神経系の機能に働きかけるプログラムであり、また、カウンセリングであるからです
。時にはコミュニケーションスキルアッププログラムであったりします。

故に、障害のある無しに関わらずあらゆる子どもや若者に是非試していただきたいプログラムです。
特に最近は高校、あるいは大学に入学したけれど、
うまく適応できず不登校、休学している若者がどんどん増加していて、
相談ごとも非常に多くなってきています。
成長してからの、しかも障害域ではない程度の困り感を持つ若者へのサポートはほとんどありません。
どうか、一度ご参加くださり、効果を実感し、集まってくる仲間と苦しさを共有して励ましあい.
共に前に進む勇気が生まれることを願っています。

尚、若者が参加費を負担することも考えほかのプログラムより入会金や参加費を安価に抑えています。
是非、この機会にご参加下さい。

〇詳細〇
日時:2016年5月21日(土) 18時~19時
場所:都内@台東区
参加対象:10代後半から20代前半位
持ち物:動きやすい服装でお越しください。
    (裸足になって体を動かします)
    水分補給をご持参下さい。
入会時:NPO法人入会金1,000円
    NPO法人年会費1,000円
月会費:5,400円(税込)
 ※別途、NPO法人事務手数料/月1,080円が必要です。

〇お問い合わせ・お申込み〇
こちらのページより参加ボタンを押して構いません。
または、お電話:06-6795-9901
mail:yumiko@lofkyoiku-center.com(担当:渡辺)まで
お願い致します。
若者への集いの場
2015.09.29
若者のためのゆるーく集まる会を月1回設けています。

モッテル会


発達障害診断がなくても
自身が自覚していても 自覚していなくても。

もってるよね・・・なんか。
個性的すぎて周りが大変・・・とか。

自薦他薦問いません笑。

自分のどこが???
そして、そのことでちょっとしんどいな~とか
うまくでけへんかな~とか
〇〇って言うのが発達障害っていうことなんかな~とか

また、支援する側や理解したいと思う方、
ユニークな育ちや生き方をなさっている方なども
歓迎です。

どんなことでも良いので
話し合える場をつくりました。

参加者が居心地のよい場をつくっていければと思います。

10月1日が次回の予定です。



今回は特に若者
予備校生、専門学校生、大学生、大学院生などに
お声をかけさせていただいています。


近くにしんどそーにしてる人いたら
声かけてあげてください。


19時スタート
新大阪の事務所です。


FBページからでも良いですし、
info@lofkyoiku-center.com  まだお名前、年齢、連絡先を記載の上
参加申し込みでも大丈夫です。




お待ちしております(*^_^*)
生きていくのに大変そうな人は案外多いのか?と最近感じる。
2015.09.28
今年に入って、
若者や社会人が集まる場を設けたことや
私の活動範囲が広がったからか
接する若者や社会人の人の中に
なんだか毎日生きていくのに大変そうな人たちが
案外少なくないんだ~と感じる。


発達障害があるとかないとか関係なく。
うまくできないことはだれでもあって
それをしんどそうにしている人と
そうでもない人。

その感じ方の違いは何だろうと思う。

もがいている人たちを見ていたら
なんだか思春期の子どもたちがもがいているのに
似ている気がした。


理想の自分や夢と
現実の自分

そのギャップを理解できないでいる。
急に大きく成長できるわけがないから
やっぱり少しずつ自分の力を知り、
そこからとりあえずの自分の目標を立て
コツコツと積み上げていく。


そんな風にしたらいいんじゃないかと思う。

そんなに高い理想を掲げなくても・・・。

- CafeNote -