生きていくのに大変そうな人は案外多いのか?と最近感じる。
2015.09.28
今年に入って、
若者や社会人が集まる場を設けたことや
私の活動範囲が広がったからか
接する若者や社会人の人の中に
なんだか毎日生きていくのに大変そうな人たちが
案外少なくないんだ~と感じる。


発達障害があるとかないとか関係なく。
うまくできないことはだれでもあって
それをしんどそうにしている人と
そうでもない人。

その感じ方の違いは何だろうと思う。

もがいている人たちを見ていたら
なんだか思春期の子どもたちがもがいているのに
似ている気がした。


理想の自分や夢と
現実の自分

そのギャップを理解できないでいる。
急に大きく成長できるわけがないから
やっぱり少しずつ自分の力を知り、
そこからとりあえずの自分の目標を立て
コツコツと積み上げていく。


そんな風にしたらいいんじゃないかと思う。

そんなに高い理想を掲げなくても・・・。

- CafeNote -