家族の理解は必要だね。助け合う人は多い方が良い。
2019.02.16
ご相談をお受けした時に良く耳にする
「夫が理解してくれません。」とか
「義理の母が分かってくれません。」とか

発達障害の子どもの子育てに関して意見が食い違い
離婚に至ったケースも少なくありません。

でも、ほんとは離婚は避けられたのではないか?と思うのです。

誰かが間に入ってくれたり、
発達障害について理解してくれることをあきらめなかったり
自分のやり方に必要以上こだわったり

そんなことが避けられていたなら・・・。

私たちはつらい人生を歩むためにいきているのではなく
子どもを授かったのではなく。

幸せな日々を過ごすために生きているのです。

私も一人で育てるのは大変だったけど、
子どもがいてくれていて救われたことはたくさんあった。

でも、私みたいに一人でも大丈夫な人は稀なんです。(笑)

助け合う人の数は多い方が良い。
だから家族の人数も多い方が良い。


手助けできることが私たちにもあると思うなら
どうぞ、ご相談下さい。

大抵のことはできるんじゃないかって思っています。

ご相談はこちら>>

- CafeNote -