保護者のためのWISC-Ⅳ勉強会
2016.05.31
検査から見える子どもの姿
せっかく受けた心理検査(WISC)の結果を
効果的に活用できていますか?
保護者が気づかない子どもの姿を検査を通して客観的に見てみましょう。
検査の結果を一番理解できるのは保護者の方です。

子どもが頑張って受けた検査を学校環境や子育てに
効果的に活用してみましょう。

*WISC‐Ⅳ勉強会①…子どもの姿を理解する。
①2016年6月28日(火)10:00~12:30 
  2016年7月18日(月・祝)10:00~12:30
*WISC-Ⅳ勉強会②…検査を支援や子育てに活かす。
②2016年7月12日(火)10:00~12:00     
2016年7月18日(月・祝)13:00~15:00 

WISC‐Ⅳ勉強会②は勉強会①参加者対象です。
WISC‐Ⅳ勉強会① 参加費:登録料5,400円 受講料8,640円(会員登録料無料)
 
WISC‐Ⅳ 勉強会①、②両方参加の場合  参加費:登録料5,400円 受講料12,960円(会員登録料無料)
参加希望日は上記日程からご選択ください。
申し込み方法
     ☎:Fax 06-6795-9901
     ✉:info@lofkyoiku-center.com
      (担当 中村:やまもと)
     NPO法人発達障害児支援LOF教育センター    
〒532-0011大阪市淀川区西中島7丁目6-12新大阪駅前 和光ビル802

*東京は秋に行います。
2016.05.31 20:15 | 固定リンク | お知らせ
やまもと式療育プログラム代表理事指導特別クラス参加希望募集
2016.05.25
長年のLOF教育センターの実績とさまざまな理論やトレーニングを基に
独自のアプローチで発達を援助するプログラムです。

私たちが保護者の方々と一緒に目指すのは、子どもたちに
たとえ障害があっても社会に関わり、社会に貢献できる人に育てる。ということです。

随意運動(意識運動)を行うことで発達障害の課題をいわれる
中枢神経系の機能不全を軽減し、脳機能を活性化し、脳発達のバランスを整え、
発達段階に応じた様々なアプローチで子どもたちの困り感を軽減し、
発達を援助していきます。

この度、当センター代表@やまもと直々の指導によります「特別クラス」を開催致します!
この機会に是非、ご参加下さい。

尚、定員に限りがございます為
早めのお申込みをお願い致します

日時:6/12(日) 15:30~16:30
場所:東京@東日本橋

参加費:10800円(別途:登録料5400円がかかります)
定員:3名
〇お問い合わせ及びお申込み〇
yumiko@lofkyoiku-center.com(渡辺宛)
090-6795-9901へお願い致します。
「支援」と「配慮」
2016.05.14
おはようございます。

週末に入りました。

コミュニケーションを意識する数年。

コミュニケーションに意識がいくと言葉がひっかっかる。

毎日の生活の中でも心にひっかかる言葉がたくさんある。

他の人が発信するものを読んでも違和感を覚えることが多くなった。

言葉にひっかかることもあれば、

その人の情報が偏っていることへの違和感だったりすることもある。



で、前回に引き続き

「支援」と「配慮」という言葉にこだわって書いてみる。



発達障害を抱えるこどもへの「支援」と「配慮」

簡単に言うと「支援」はしてもらうべきこと。

その「支援」をしてもらうことで、しなければならないことがスムーズに出来、

その子の能力の評価を高めることに繋がったり、

その子の能力を更に開花させることができることへと繋がっていく。



例えば、「学習障害」があるとどうしても学校評価や知能検査の値が低くなってしまう。

そうすると「知的障害」と間違って診断されてしまうことがあって

高等教育を受ける機会をなくしてしまう。

そんな時に「支援」は必要である。



では、「配慮」をどう捉えるか?

「配慮」は「配慮」を行う人にゆだねられる行為である。

「配慮」してくれたらうれしいけど、必ず「配慮」してもらえなくてもしょうがないな~。

のように。



「支援」はその児、者 側に立って考えるけれど、

「配慮」は「配慮」する人、環境側に立って考える。

簡単に言うとそんな感じだろうか?



けれど、そこで、アセスメント能力やコミュニケーションスキルが高ければ

「配慮」を「支援」へともっていくことはできるのではないかと考える。

そして、その児、者の状態によっては「配慮」を「支援」にしなければいけないこともあるのだから、

そういう交渉を上手にできると救われる児や者が増えるのではないかと思います。

2016.05.14 10:06 | 固定リンク | 発達障害支援
やまもと式若者支援プログラム@東京
2016.05.11
LOF教育センターでは、LOF放課後クラブとして若者のための『やまもと式支援プログラム』を
月1回パイロット的に実施してまいりました。
そして、その結果をもとにこのたび本格的にプログラムとして東京開講を致します。

「やまもと式支援プログラム」は発達障害の子どもや若者へのプログラムとしてだけではなく発達の偏りがあり、
生きづらさを持つ子どもや若者にも大変効果があると言われています。

なぜなら中枢神経系の機能に働きかけるプログラムであり、また、カウンセリングであるからです
。時にはコミュニケーションスキルアッププログラムであったりします。

故に、障害のある無しに関わらずあらゆる子どもや若者に是非試していただきたいプログラムです。
特に最近は高校、あるいは大学に入学したけれど、
うまく適応できず不登校、休学している若者がどんどん増加していて、
相談ごとも非常に多くなってきています。
成長してからの、しかも障害域ではない程度の困り感を持つ若者へのサポートはほとんどありません。
どうか、一度ご参加くださり、効果を実感し、集まってくる仲間と苦しさを共有して励ましあい.
共に前に進む勇気が生まれることを願っています。

尚、若者が参加費を負担することも考えほかのプログラムより入会金や参加費を安価に抑えています。
是非、この機会にご参加下さい。

〇詳細〇
日時:2016年5月21日(土) 18時~19時
場所:都内@台東区
参加対象:10代後半から20代前半位
持ち物:動きやすい服装でお越しください。
    (裸足になって体を動かします)
    水分補給をご持参下さい。
入会時:NPO法人入会金1,000円
    NPO法人年会費1,000円
月会費:5,400円(税込)
 ※別途、NPO法人事務手数料/月1,080円が必要です。

〇お問い合わせ・お申込み〇
こちらのページより参加ボタンを押して構いません。
または、お電話:06-6795-9901
mail:yumiko@lofkyoiku-center.com(担当:渡辺)まで
お願い致します。
家庭内療育@大阪
2016.05.11
LOF教育センターでは2016年5月13日(金)より計10回にて
保護者の為の【家庭内療育講座】を開講致します。

私 ら し い 子 育 て...
こんなお母さんやお父さんの力になりたい
こどもに生きづらさがある事に ある時、気付く。けれど、
誰もその子の困り感を軽減させる方法を教えてはくれない。
不安だけがどんどん膨らんでいく。
そんなお母さん、お父さんの力になりたい。

こんな悩みが解決できる...
家庭でできるお母さん、お父さんができる
お母さん、お父さんしかできない療育をお伝えしていきます。

その療育とは...
脳とカラダと心を育む 子どもも親も育つ 
お子様もご家族も可能な最大限度まで発達させること。
卒業はお母さん、お父さんが決める終わりのない学びです
参加型ワーク始めます。

〇詳細〇

毎月1回:第2金曜日 10:00~12:00(8月除く)
    *各受講、2週間後にメールにてフォローあり*

日程(計10回)

①5月13日  ⑥11月11日
②6月10日  ⑦12月9日
③7月8日   ⑧2017年1月13日
④9月9日   ⑨2月10日
⑤10月7日  ⑩3月10日


参加費:1回@6,480円 / 一括払い@58,320円
    (一括払いに関しは1回分無料特典につき)


〇お問い合わせ・お申込み〇

こちらのページより参加ボタンを押して下さい。
または、お電話:06-6795-9901
mail:yumiko@lofkyoiku-center.com(担当:渡辺)まで
ご質問他、お気軽にご連絡下さい!

- CafeNote -