自分が発達障害じゃないかって思う時
2019.11.22
学校でも
テレビでも
ネットでも
SNSでも
「発達障害」の情報が発信されるようになりました。
子どもたちも物心ついた時には
自分自身に何らかの診断が付いていたり、
診断は付いていないけど、
もしかしたら、自分はそうなんじゃないか?と悩んだり。

そんな子どもたちから
時々問い合わせが来ます。

「そうなんじゃないか?」と思うのですが、
どうすれば良いですか?

どのようなことをしているのですか?とか


大人の場合は別ですが、
子どもの場合は、やはり、保護者や学校が
その子たちを救う手立てを行うことができる最善の場所であると思います。

ですから、「学校やご両親に相談してみたら?」くらいしか言えなくて・・・。

で、
「相談しても、大丈夫だと言うんです。」って。

あらら。
なにをもって「大丈夫」と言うのでしょうか?
本当に大丈夫であったなら、きちんと説明をしてあげないと
納得できず、不安はどんどん膨らんでいきますし、
生きづらい毎日はもっと積み重なっていくのですが。

今の社会で改善されないといけないことの一つは
子ども主体でのサポート体制を整えるべきであると言うこと。
その際には、「子どもの権利」がしっかりと守られないといけないことです。
極端なことを言うと保護者に知られず本人が学校でサポートを受けることも
可能にすべきだと言うこと。
子どもは自分に適切なサポートや特別支援教育を受けたいと主張することが
できる環境を整えてあげる必要が大いにあると思うのです。

悲しいかな私のところは私的な教育機関であるため
公教育機関としてサポートを提供できない。
それでも、何かできないか?と考えてしまうのがつらいところ。

子どもたちの声が届くことが多くなってきて
余計にそう思う。

どうか、子どもの希望を聞いてあげてほしい。

- CafeNote -