発達障害境界域の若者を育てるには(続編)
2018.01.23
寒波到来の週明けです。
全国的に寒さが厳しくなりました。
どうぞ、交通機関の乱れや足元、車の運転に気を付けて
この季節を楽しんでください。

と言う私は今日から沖縄、下地島へ避難したのですけれど(笑)

さて、​前回の投稿​に続いてのお話を・・・

LOF教育センターにてサポートしている若者の多くは
発達障害境界域周辺にいる若者です。
高機能自閉症や自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、知的ギフテッドなどの
領域に居るか その境界域に居る若者です。
診断によって区分分けはしていません。
診断の受けていない若者もいます。

生きづらさや困りを考えたプログラムを作成し
そのプログラム内で個々に合わせた配慮や調整を行っています。

困りの主なものは
*小さな挑戦でさえ不安で相当の勇気がいる。
*コミュニケーションが上手く取れない。
*発達の凸凹が顕著で発達遅滞が顕著にみられる機能不全のようなところがある。
*ライフスキルの獲得が遅れている。

などでしょうか?

気にしなければそのままスルーしていくという選択もできなくはありませんが、
おそらくこのままでは獲得できず、しんどくなるな~とか
大きく発達、成長出来づらいな~と思うので今のうちにしっかり向き合います。

そんな彼らがソーシャル・ラーニングアフタースクールで学びだして
わずか数カ月でその変化が見られる大きな理由は
保護者の方がその子の特性を理解、受容なさりながらも
しっかりその子の育ちを支え、できることをなさってくださって
いらっしゃるからです。

保護者の方に時々言葉をかけることがあります。
その子の育ちがしっかりご家族が関わったことによって導かれたと言うことが
みえる時
「お母さん、良くここまでしっかりお育てになりましたね。
大変な苦労であったと思います。頭が下がります。」と。

そうするとやはり思い出すのでしょうか?
涙目になられるのです。

そんな風に丁寧に大切に育てられた若者は違っています。

彼らの口から出てくる言葉はすでに大きく変わっています。

「コンビニでなるべく食べ物は買わないようにする。」

こちらが伝える有酸素運動や体を動かすことの大切さをきちんと
納得して生活に生かしてくれている。

そんなに口うるさく言わなくても・・・と思われるかもしれませんが、
決してガミガミ行っているわけではありません。

けれど、困りがあり生きづらさを抱え
下手したら気にならないほどの軽微な困りを少しでも緩和するには
努力できる時期に集中的に行う必要があるのです。

その後脳機能がしっかり成熟し、神経回路が定着して来たら
少しぐらい生活が乱れたり、ストレスが過度にかかっても
何とか自分で乗り越えると言うことができるようになるのです。
そのようになるまでしっかりと育ってほしいと思います。

まだ、未熟なところが深刻に残っているなら
そこのところが改善していく努力をすることがこれからの彼らの未来を
明るいものにするのです。

そしてその努力が決して辛いものでなく
楽しみながらできるならやってみようと思いませんか?

私たちのどのクラスにも「笑い」が溢れているのです。

決して軍隊のような訓練ではなく
そこにはいつも「子どもたち、若者の人格を尊重した学び」があるだけです。

発達障害境界域の若者を育てるには
2018.01.14
寒中お見舞い申し上げます。
新年の挨拶をする時期を過ぎてしまいましたm(__)m

新年を過ぎてようやくLOF教育センターの2018年度事業方針が決定し、
計画を実行に移していきたいと思います。
お陰様で各地のFC校がしっかり育ってきていて心強いです。

今年のLOF教育センターも当団体らしく事業を行ってまいります。
いえいえ、今まで以上にLOF教育センターの大切にしていることをより明確にして
子どもたち、若者の育ちのお手伝いをしていきたいと思います。

今日はその一つここ数年力を入れている「思春期、若者」サポートについて

万を持して
「ソーシャル・ラーニングアフタースクール」を開校しました。

発達障害の境界域にいる若者たちは
そのはざまで揺れる不安定な状態で
今置かれている環境で精いっぱい生きています。

「障害」とするのは簡単だけれど、
それはもったいなすぎる。
社会の損失です!

と言うことで、
とにかく若者の伸びしろ伸ばすことに挑戦しています。

で、伸びていってます!

若者をサポートしている機関が少ない事。
サポートの大多数が「仕事に就く」と言うことに重きを置いていると言うこと。
サポートのほとんどが「トレーニング」「訓練」と呼ばれるもので、
ただ単に「マニュアルを獲得して、指示待ちの人を育てるだけのサポート」であることに
違和感を覚えています。

「若者」であると言うことを尊重し、
「指示、指摘」することをできるだけ避けています。

若者たちと就業時間や日程も関係なくLINEでやり取りし、
イベントで様々な少し勇気がいることに挑戦してもらいながら
彼らの内的で能動的な気づきを見守り、援助しています。

少しずつその目が出てきています。
自らの「気づき」や「発達が導く成長に導かれ行動、言動が変わって来ています。

そして、私はそのことを素直に喜び彼らに伝えます。

「指摘されることなく自主的に○○してくれたことはとても嬉しかった。」と
彼は黙った私の言葉を聞いていました。

彼らがどんな風に思ったのかはわからないけれど、
きっと私と同様に嬉しかったと思います。



これまでのご両親、家族のしっかりした支えや努力が
こうやって芽吹いていくのだと思う。


これからももっと若者たちと一緒に
楽しみながらチャレンジしていきます。


一緒に「チャレンジ」したい方はご連絡くださいませ。
実際はそんなもんです。無責任な指導があふれてる
2017.08.12
巷は、お盆休み。
焼けつくような暑さの中、実家に帰省なさっている方も多いかもしれませんし、
家族の思い出作りを楽しんでいらっしゃる方もいらっしゃるでしょうね。

私の子どもの頃も、
夏休みの思い出として浮かんでくるのは
決してクーラーの効いた部屋や人ごみ多いshoppingmallのゲームセンターではなく
海やプール、川などです。
外遊びをしっかりしてお昼寝。
もう少し大きくなってくると友達と盆踊りに出かけて行きました。
どれも、その時期にしかできないことで
今同様のことをやってみたいと思っても
できないことも多くなり、
たとえ、子どもたちと一緒に海遊びをやったところで
子どもたちの目に焼き付く程の強い思い出や
感動の風景はもう描くことはできなくなっています。
だから、暑いときは子どもと一緒に暑さを楽しむことはおすすめしたいと思います。
それが、一番の贅沢であるということを知ってほしいと思います。

さて、私たちは常日頃から子どもたちの困りを軽減させ、
可能性を拓くためにはどうすれば良いか?をずっと探っています。

チャイルド・ライフ・サポーターで子どもたちの発達援助に関わっている人も
同様だと思っています。

そのために、プロコースでアセスメントをしっかり行います。

その後、資格を取った後でも
自主的にWISCのアセスメント、子どもの行動アセスメントの学び塾を行い、より正確にこどもたちから
見えているほんの少しの現象から彼らの認知機能の偏りや
運動機能の偏り、力の調整具合、関節のねじれ具合、意識の持続時間、メンタル
様々な面から複雑な子どもの実像を測り、支援に活かそうと努力しています。

同じ状態であっても
年齢によってアプローチも変えます。
当たり前ですが。
どの子もステップ1からスタートするわけではありません。

もし、いま、お子さんを発達障害専門と言われるところに
お預けで、支援をしてもらっているなら
是非、お尋ねしてください。

その指導者がきちんとWISCのアセスメントができ、
指導アプローチに生かすことができているか?
どの子も同じアプローチではないのか?
なぜ、その指導に至ったのか?
それしかできないからではないか?
発達の評価はどこで行うか?
アセスメントする人と指導する人が違ったら
とっさの子どもの行動の変化への対応ができません。

大多数の発達障害専門といわれるところでさえ
現場の指導者はきちんと子どものアセスメントができません。

発達障害に有効であると言われる療法を行っているから
専門家であり、子どもに適切な援助ができるということでもありません。

子どもの未来を想像し、
その未来が少しでも豊かになることを願って
寝ても覚めても子どもたちが発達することを考えている。

そんな人たちに子どもの未来を託してください。
そして、保護者の方も努力なさってください。

よろしくお願いします。

2017.08.12 15:36 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -