このブログに書くのは久しぶり。みんな見つけて読んでくれるかな?(笑)で「発達障害」って公表するのはそんなに簡単にしない方が良い
2017.07.27


LOF教育センターではあまり大きな声で言っていませんが、
結構前から若者支援行っています。

特に今まで多かったのは
中高一貫の進学校に通っていた子や
公立の中学校に通っていてその後高校に進んだ子

大抵は高校進学して卒業していくか
大学進学して卒業していく。

中にはレアケースとして
支援学校の高等部に進み、その後障害者枠で就職した後も
しばらく通ってくれた子も居ました。

それぞれの可能性を見極めながら
支え、一番可能性が拓くであろう道をご提案していただき、
すすんでいただいていた。
もちろん、子どもや保護者が納得してくださってだけれど。

そんな人生の広がりを見ていると
「発達障害」って身近な人には公表しても良いけれど、
大多数の人には知ってもらわなくても良いのではないかと思うんです。

言いたいことをもう少し簡単に言うと
自分自身と関わっていただく必要がある場合は
「発達障害である。」とか「そういう傾向があるとかは
周りに伝えても良いのだけれど、それ以外の不特定多数の人
例えばSNSやマスコミやマスメディアなんかに必要でもないのに公表してしまわなくても
良いのではないか?と私個人は思うのです。

それは、不必要な誤解を生みますし、
自分の人生の可能性を閉ざしてしまうことになりかねないからです。

「障害」があることで、許してもらえることもあるかもしれないけれど
「障害」があることで、関わることができる世界が限られてしまうということ。

できたら、「障害」と言うことや「障害のような傾向」があることを
上手に使えたら良いな~と思います。
しんどい時期はそのことで助けてもらい
自分に自信が着いたり、自分が行きやすい世界が分かって
そこで生きていくことができるようになったなら
もう「障害」から卒業できるのかもしれないな~って思うんです。



そんな微妙な世界にいる若者を支え
成長のお手伝いをしたいと思うのです。


説明会、相談会は 8月11日です。
早めにお申込みください。
とうとう本が発売です。予約解禁
2016.10.06
ずっとずっと発達障害と言われるユニークな子どもたちと一緒に過ごしてきました。

学習障害が疑われる不登校の子どもたち、
多動や衝動性が半端なくトラブルを起こしてしまう自閉症の子どもたち。
こだわりがあってどうしてもうまく進めない子どもたち。

そんな子どもたちと一緒に子どもたちの発達と成長。
その傍にいるお母さんたちと悩みや苦しみや喜びや楽しさを共有してきました。

何が彼らの困り感を軽減させ、彼らの可能性を拓くことになるのだろうか。と来る日も来る日も考えた。

そして、ようやく少し見えてきたことがあります。

人間らしく幸せに生きるためにできること。
お母さんがユニークな子の子育てに少しでも迷わないでいられること。
家庭で楽しく、無理なくできること。

わかりやすく簡単に可愛らしくやっとここに出来上がりました。

実行してください。

今すぐできることがたくさん書いてあります。

実行してくださったら、必ず変化が出てきます。

まずは子どもの発達を伸ばす最初の一歩の本です。

障害児じゃないからと言わず
子育てに、子どもの発達に障害の有無は関係なく
子どもの発達、成長、知能を伸ばすことが必ずできると思います。

子育て中の全てのお母さんにおススメします。
ご予約は下記からしていただけます。
シェアーもよろしくお願いいたします。

一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協会
NPO法人発達障害児支援LOF教育センター
やまもと まゆみ
 
https://www.amazon.co.jp/dp/4479783644/
2016.10.06 19:09 | 固定リンク | お知らせ
お母さんが必ず知っておく必要がある事のひとつ
2016.10.04
こんばんは。


子どもが不適応行動を起こし始めたら、
本当の原因を深く深く掘り下げて見つけなければなりません。

多くの場合
不適応行動を起こすのが学校であったりします。
そして、何の手立てもなされないでいると
学校に行けなくなってしまいます。

それは、学校での外的環境要因が大きく影響をしているのに、

何のきちんとして継続的な、建設的な対応がなされない。



子どもがパニックになるのは当たり前だし、

そうやってSOSをもとめないと飛んでもないことになる。



子どもは学校の教育プログラムの評価を

身をもって行っているだけの代弁者です。



それに蓋をしたり、目をつむったりしてはいけません。





是非、他の同じような問題に悩んでいる保護者の方々と

学校環境を変えていきましょう。



学校の先生方もきっとどうすれば良いかがわからなくて

そんな対応になってしまっていることもあるかもしれません。



大事な義務教育のうちに

地域が一緒になって

全ての子どものニーズに合う教育が受けられる環境を整えていきましょう。



そうでなければ、

今後ノーベル賞を受賞できるくらいの素晴らしい人材は

日本では育たなくなるでしょう。



是非。よろしくお願いします。







※いよいよ今月 やまもとの初書籍が出版されます。

家庭内療育について書いております。

お楽しみに(^_-)-☆

- CafeNote -